筋トレを効率的に行うために体温を意識するようにしましょう

筋トレを効率的に行うためにはいろいろな事がありますが、筋トレと体温の関係について考えた事がある人は少ないのではないでしょうか?

 

ここでは筋トレと体温の関係について解説します。

 

 

筋トレは夜寝る前にするのが効率的だという意見があります。

 

これは筋トレ直後に筋肉の合成を促す成長ホルモンが出るのと、元々就寝前1時間から3時間後に成長ホルモンの分泌が活発になる事からこの相乗効果を期待しているからです。確かに理論上では一理あるのですが、これには見落としているマイナスな点もあります。

 

一日の中で最も運動に適している時間は、ちょうど学校の部活動をする16時前後と言われます。就寝直前が駄目で夕方が最適な理由は実は体温にあります。この理由に関しては体の仕組みについて知らなければなりません。

 

人間の体は心臓も内蔵も血管も自律神経により支配されています。そして自律神経には興奮時、運動時に主に働く交感神経と、安静時、睡眠時にメインに働く副交感神経の2種類があります。自律神経は一方が働いたら他方の働きが低下する。

 

上下動のリズムを繰り返しますが、いつどちらが働いているかを確認する目安が体温です。体温が高い時には交感神経が優位に働き、体温が低い時には副交感神経が優位になります。学校の部活をする16時前後は最も体温が高いのですが、これは交感神経がよく働いている証拠です。

 

つまりは運動に最も適していて、筋トレでも力を出しやすい時間なのです。逆に寝る直前には体温が下がっているので、運動には適していません。それだけでなく筋トレを行うと交感神経が興奮して、寝つきが悪くなります。ですが、16時前後に筋トレをするのは多くの社会人の人にとっては難しい事です。

 

時間が空くのはやはり夜という事になるでしょう。ですが、空腹時はエネルギー源が不足していますし、といって満腹時では交感神経が働かないので、ともに運動するには向いていません。これらを考慮すると19時頃に夕食を食べてからしばらく休養した後の21時から22時くらいに筋トレをするというのが一つの方法でしょう。

 

筋トレを効率的に行うには体温を意識するようにしましょう。夜寝る直前に筋トレをしている人は改善した方が良いでしょう。