ビタミンC誘導体の美肌効果とは?

ビタミンCは活性酸素から体を守る、メラニンを還元してできてしまったシミを薄くするなどの働きがあります。

 

しかし、不安定で化粧品に配合すると酸化しやすいため、化粧品にビタミンCが使われることはほとんどありません。ビタミンCを安定させて化粧品に配合したのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体には水溶性、油溶性、両方の特徴を持つものがあります。ビタミンC誘導体にはどんな働きがあるのでしょうか。

 

水溶性のビタミンC誘導体

 

水溶性ビタミンC誘導体には、リン酸アスコルビルMgマグネシウム、リン酸アスコルビン酸ナトリウムなどがあります。

 

リン酸アスコルビルMgマグネシウムは、クリーム、化粧水、パウダーなどに安定的に配合できます。高濃度配合すると沈殿することがあります。

 

リン酸アスコルビン酸ナトリウムは、高濃度で配合することができます。

 

油溶性のビタミンC誘導体

 

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなどがあります。油溶性なのでクリームなど油分が多い化粧品に配合されています。クリームに配合することで、クリームの保湿作用を得ることができます。

 

美白効果

 

水溶性も油溶性もシミやそばかすをふせいだり、できてしまったシミなどを薄くする働きがあります。

 

紫外線を浴びると肌を守るためにメラニンが生成されます。ターンオーバーが正常ならメラニンが排泄されてシミにならないのですが、メラニンが排泄されないと沈着してシミになります。

 

ビタミンC誘導体はできてしまったシミのメラニンを還元します。新陳代謝を促してメラニンの排泄を促します。体内で発生する活性酸素もシミの原因です。ビタミンC誘導体は体内の活性酸素からも守ってくれます。

 

ニキビの改善

 

ニキビの原因はたまった皮脂です。ビタミンC誘導体は皮脂分泌をコントロールして、毛穴に皮脂がたまりにくくします。

 

ニキビが繰り返しできると炎症で色素沈着ができることがあります。炎症を鎮める作用やメラニンを還元する作用が色素沈着を予防します。

 

コラーゲン生成にもかかわっているので、ニキビで凸凹した肌が滑らかになることも期待できます。